電気自動車って実際どうなの?

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

電気自動車って実際どうなの?

電気自動車の充電の様子

電気自動車って実際どうなの?って事で電気自動車についても触れていくと・・・

日本は、電気自動車の開発と普及において先進的な国の一つです。

政府も積極的に電気自動車の普及を推進しており、環境保護やエネルギーの安全保障などの観点から、今後ますます普及が進むことが予想されていますが課題があるのも事実・・・

電気自動車に対する管理人の考察

考える男性

電気自動車に対する管理人の考察として地方在住の管理人の考えとなりますのであしからず・・・

電気自動車といえば日産のリーフやサクラ、他社だとテスラが割と有名ですが管理人の環境では残念ながら電気自動車は不向きとなります。

 

まずは購入費用がネックになるのと充電できる場所!これ大事で東日本の関東に比べ西日本の充電できる場所はかなり限られます

地方となれば尚更です。いわゆる都心と地方の格差ですね・・・

 

次に充電にかかる時間と走行可能距離があげられます。

ガソリン車だと多くのガソリンスタンドがあり、給油も最短でGS(ガソリンスタンド)が込んでなければ5分程度。

 

電気自動車の場合は急速充電が30分で、イオンなどの大きな商業施設などで2つぐらいしか充電できる場所を見たことがありません・・・

電気自動車の充電できる場所

高速道路における充電できる場所も限られているのも事実です

まだまだ日本には電気自動車の普及は世知辛いようです

日本における電気自動車に関する詳細について

電気自動車の充電の様子

以下は、日本における電気自動車に関する詳細な情報です。

  1. 電気自動車の市場規模
  2. 充電インフラ
  3. 電気自動車の購入の際の補助金や税制優遇
  4. 電気自動車の種類
  5. 電気自動車の利点
  6. 電気自動車の課題

大きくわけて6項目です

電気自動車の市場規模

日本の電気自動車市場は、急速に成長しています。2019年の販売台数は、前年比2.2倍となる約5.5万台でした。主な販売メーカーは、日産、トヨタ、ホンダ、三菱自動車などです。

電気自動車の充電インフラ(充電スポット)

充電インフラの様子

日本は、充電インフラが整備された先進国の一つです。

国土の狭さや高い人口密度を背景に公共の充電スポットは各地に設置されており、充電スポット密度は非常に高い状況にあります。

また日本では急速充電器が普及しており、利用者にとっても利便性が高くなりつつありますが地方と都心。西日本と東日本での差があるのも事実です

電気自動車の購入の際の補助金や税制優遇

日本政府は、電気自動車の普及を推進するため、補助金や税制優遇措置を行っています。国や地方自治体からの補助金に加え、自動車税の減免措置や、自動車購入時にかかる自動車重量税や自動車取得税の減免措置もあります。

電気自動車の種類

車と風景

日本で販売されている電気自動車には、主に以下のような種類があります。

・バッテリーEV(BEV):蓄電池を使用し、モーターで走るタイプ。

・プラグインハイブリッドEV(PHEV):バッテリーEVとエンジンを組み合わせたタイプ。

・ハイブリッドEV(HEV):エンジンとモーターを組み合わせたタイプ。

電気自動車の利点

merit(利点)良いところ

電気自動車の利点としては、以下のようなものが挙げられます。

・燃料費が安く、環境にやさしい 電気自動車は、燃料として電気を使用するため、ガソリン車やディーゼル車と比較して燃料費が非常に安くなります。

また、電気を使用するためCO2や窒素酸化物などの排出ガスがほとんど発生しないため、環境にもやさしいという利点があります。

・走行音が静か エンジンを使用しないため、走行音が非常に静かです。

これは、都市部などの静かな環境での利用に適しています。

・加速が良い 電気モーターは、トルクが高く、加速が良いという特性があります。

これは、高速道路などでの走行にも適しています。

・メンテナンスが少ない エンジンやトランスミッションなどの機械部品が少なく、メンテナンスが少なくて済むという利点があります。

またブレーキパッドなどの消耗品も発電ブレーキの機能により、摩耗が少なくなるため交換の頻度が低くて済みます。

電気自動車の課題

demerit(課題)デメリット

一方で、日本において電気自動車が普及するには、まだまだ課題があります。

・充電インフラの不足 充電インフラが整備されてはいますが、まだまだ充電スポットの数や場所が限られており、急速充電器の整備も進んでいるものの、完全に解消されたわけではありません。

・価格が高い 電気自動車の価格は、ガソリン車やディーゼル車に比べて高い傾向にあります。

これは、バッテリーのコストが高いためです。しかし、補助金や税制優遇措置などもあるため、徐々に価格面でも改善が見込まれています。

・航続距離が短い 一般的な電気自動車の航続距離は、200km前後が一般的です。

これは、充電インフラの整備やバッテリー技術の向上により改善されていくと考えられます。

・冬季などの気候条件による影響 低温下では、バッテリーの性能が低下するため、冬季などの気候条件により航続距離が短くなる場合があります。

また、暑い地域ではエアコンを使用することでバッテリーの消耗が増えるため、航続距離が短くなることもあります。

 

・車両のサイズや形状 現在の電気自動車は、バッテリーの重さやスペースの問題から、車両のサイズや形状に制限があります。これにより、大きな車両や長距離を走行する車両では、まだまだ課題が残っています。

 

・エネルギー供給の問題 電気自動車の普及により、エネルギー供給の問題も浮き彫りになってきています。

具体的には、再生可能エネルギーの利用やエネルギーの貯蔵技術の開発などが求められています。

 

・高速道路での利用 高速道路では走行中にバッテリーを充電することができないため、航続距離の短さが問題となります。

また、高速道路での走行中にエアコンなどを使用すると、航続距離がさらに短くなる可能性があります。

・安全性の問題 バッテリーの破裂や発火などの事故が起こることもあり、安全性の問題が指摘されています。このため、バッテリーの安全性を確保する技術開発が求められています。

 

これらの課題を解決することにより、より多くの人々に電気自動車の利便性や環境への貢献を享受してもらうことができると考えられています。

コメント