太陽光発電システムのメンテナンス(整備)期間や費用って知ってる?

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

太陽光発電システムのメンテナンス(整備)期間や費用って知ってる?

 

考える男性

太陽光発電システムのメンテナンス(整備)期間や費用って知ってる?詳細について触れていくと太陽光発電システムのメンテナンス(整備)について、費用や時期の特徴は以下の通りです。

  1. 定期点検
  2. 清掃
  3. 故障修理
  4. 費用
  5. 時期

項目としては置きくわけると5つです!

  1. 定期点検

  • システムの状態を確認するために、定期的な点検が必要。
  • 一般的には、年に1回程度の点検が推奨されています。
  1. 清掃

  • パネル表面に付着した汚れやホコリを取り除くことで、発電量の低下を防ぐことができる。
  • 清掃の頻度は、気象条件や使用環境によって異なるが、年に1〜2回程度が目安。
  1. 故障修理

  • パワーコンディショナーやソーラーパネル、配線など、システム内の部品に故障が発生した場合、修理が必要。
  • 故障が発生した場合は早急に修理を行いシステムの稼働率を高める必要がある。
  1. 費用

  • メンテナンス(整備)の費用は、システムの規模や使用環境、メンテナンス内容によって異なる。
  • 一般的には、年間数万円から数十万円程度が必要となる。
  1. 時期

  • メンテナンス(整備)のタイミングは、気象条件や使用環境によって異なる。
  • 一般的には、春や秋など、天候の安定した時期にメンテナンスを行うことが望ましい。

一番大きいのは太陽光発電システムでソーラーパネルから得た電力を直流から交流にかえて一般家庭で使えるようにし売電に必要な装置であるパワコンことパワーコンディショナーが10年毎に変更が必要なので20年使おうと思えば最低でも2回、交換が必要になります

大きな項目は太陽光発電システムを導入した場合は、専用のモニターやスマホから発電量などをみることができるアプリがありますので、それを利用または確認することで点検は可能です!

特に曇り空や雨、雪の日以外で発電しない場合は何らかの異常が疑われますので時折モニターやアプリで確認する癖をつけておきましょう!

太陽光発電で得た電力を充電するには?

太陽光発電で得た電力を充電するには?

ちなみにソーラーパネルは単体では直流なので一般家庭で扱うには交流に変換する必要があり、その際に30%のエネルギーロスが生じます

折り畳み式のソーラーパネルから発電された電気を扱う場合は変換の必要はないですが・・・

充電するにはモバイルバッテリーやポータブル電源、スマホやタブレットに繋げれるならケーブルを繋げることで扱う事は可能です!

ポータブル電源は充電ポートにより違いがありますが・・・DCプラグは大きさ、XT60、USBのTYPE-Cなどの違いはあります

蓄電池としても使える電気自動車について触れていきますね!

電気自動車って実際どうなの?
電気自動車って実際どうなの? 電気自動車に対する管理人の考察 日本における電気自動車に関する詳細

コメント