ソーラーパネルの種類や特徴は?その2

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

ソーラーパネルの種類や特徴は?その2

ソーラーパネル

ソーラーパネルの種類や特徴は?という事で2つめの多結晶シリコンパネルについて触れていきますね!

  1. 単結晶シリコンパネル
  2. 多結晶シリコンパネル
  3. 薄膜太陽電池

前回紹介した単結晶シリコンパネルの記事は下記になります

太陽光発電に必要なソーラーパネルって違いはあるの?
太陽光発電に必要なソーラーパネルって違いはあるの? ソーラーパネルの種類や特徴は?その1

多結晶シリコンパネル

多結晶シリコンパネルはシリコンを溶かして再結晶化させたもので、製造コストが単結晶シリコンパネルに比べて低く大量生産に向いています。

効率は単結晶シリコンパネルに比べて低くなりますが、環境変化に強いという利点があります。

もう少し詳しくふれていきますね!

多結晶シリコンパネルは、複数の結晶から構成された太陽電池パネルで、単結晶シリコンパネルよりも製造コストが低く、市場で一般的に使用されています。

多結晶シリコンパネルの製造には、シリコンを液体に溶かして鋳型に流し込む方法が用いられます。この方法により、シリコンが冷却されて多数の小さな結晶が形成されます。

その後、これらの結晶が一つのパネルに結合されて多結晶シリコンパネルが完成します。

多結晶シリコンパネルの利点

多結晶シリコンパネルの利点は以下の通りです。

  • 単結晶シリコンパネルに比べて、製造コストが低い。
  • 単結晶シリコンパネルに比べて、製造プロセスが簡単で、製造能力が高いため、供給が容易である。
  • 多結晶シリコンパネルは、単結晶シリコンパネルよりも高温環境下での発電効率が高い。

多結晶シリコンパネルの欠点

欠点としては、以下の点が挙げられます。

  • 単結晶シリコンパネルに比べて、効率が低いため、同じ面積で発電量が少ない。
  • 製造プロセスによって生じる欠陥によって、出力効率が低下することがある。
  • 電力出力が少し不安定で、温度によって出力量が変化することがある。

多結晶シリコンパネルは、単結晶シリコンパネルに比べて製造コストが低く、市場で一般的に使用されています。

ただし、効率が低く欠陥によって出力効率が低下することがあるため、適用範囲を慎重に選択する必要があります。

ソーラーパネルの種類や特徴は?その3
ソーラーパネルの種類や特徴は?その3 ソーラーパネルの種類や特徴は?という事で3つめの薄膜太陽電池について触れていきますね! 単結晶シリコンパネル 多結晶シリコンパネル 薄膜太陽電池 薄膜太陽電池 薄膜太陽電池はシリコン以外の素材(アモルフ...

コメント