災害時用にポータブル電源のおすすめってあるの?

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

災害時用にポータブル電源のおすすめってあるの?

PCの前で考える家族

災害時用にポータブル電源のおすすめってあるの?

災害時にポータブル電源のおすすめ品について調べてみました。

災害時に備える場合は電池容量が1000Wh以上のものがおすすめです。

また出力ポートはACとUSBが1つ以上付いているものを選ぶことが重要です。

さらに自宅の家電に合う周波数のものを選ぶこと定格出力が2000W以上の大容量を選ぶこと

停電に備えてソーラー充電機能付きを選ぶことなどがポイントです。

もう1つ付け加えるなら充電サイクルが長く充電時間が短いものが理想です!

充電サイクルが長く充電時間が短いポータブル電源ってあるの?

考える男性

充電サイクルが長く充電時間が短いポータブル電源ってあるの?これ一番大事!

以前だとポータブル電源って充電に時間がかかるタイプのものが多く充電回数も800~1000と少ないものが多い状況でしたが近年になってから販売されているものに変化が起きてます!

2023年の現在だと充電サイクルが長く充電時間が短い2つの要素を備えたポータブル電源があります!

充電サイクルが長く充電時間が短いポータブル電源には、最近の技術革新によりリチウムチタン酸電池が採用されるようになってきています。

リチウムチタン酸電池の特徴とは?

指を立てる男性

リチウムチタン酸電池の特徴をまとめました。

  • 充電サイクルが長い: 一般的なリチウムイオン電池と比べ、充電回数が多い特徴があります。充電回数は約3,000回程度です。
  • 充電時間が短い: リチウムチタン酸電池は、急速充電が可能なため、充電時間が短いことが特徴です。充電時間は、大体2~3時間程度で充電できます。
  • 安全性が高い: リチウムイオン電池に比べ、過充電や過放電に対する耐性が高く、熱暴走などの事故が少ないとされています。
  • 軽量・コンパクト: リチウムチタン酸電池は、同じ容量のリチウムイオン電池と比較して、軽量・コンパクトであるため、ポータブル電源に適しています。

ただしリチウムチタン酸電池は高価なため、一般的なリチウムイオン電池に比べて価格が高くなっています。

また最大出力が低いこともありますので用途によっては注意が必要です。

現在 販売されているポータブル電源は1つ前のモデルも混在している状態なので購入する時は注意が必要です!

ポータブル電源を購入するなら正しい知識を身につけて損しないようにしましょ~

これは実体験として切実に感じました・・・私みたいに損しないようにしましょう

おすすめのポータブル電源はあるの?
おすすめのポータブル電源はあるの?その1 おすすめのポータブル電源はあるの?という事で触れていきますね! Jackery(ジャクリ)ポータブル電源 2000 Proまたは1000 Pro BLUETTI(ブルーティー)AC200P EcoF...

コメント