ポータブル電源で元を取るには?実際に計算してみた

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

ポータブル電源で元を取るには?実際に計算してみた

考える女性

ポータブル電源で元を取るには?実際に計算してみたという事で触れていきますと単純に初期投資費用が大きいがどうかで変わってきます。

ポータブル電源もピンキリですが大容量タイプは値段が高くなり小容量だと値段も下がります。

ポータブル電源の単体では効果を発揮しにくいのでソーラーパネルと組み合わせて日中に充電した分を仕事から帰宅した夜間に使ったり、充電しながら日中に使う事で元を取りやすくはなります

ポータブル電源単体だと充電に家庭のコンセントから取るか車から取るかになり、どちらも電気代やガソリン代がかかります

私の場合は一人暮らしでの電気代の相場をもとに月2千~3千円安くなる計算をしてましたので投資費用の約10万が月2千円なら約4年。

3千円なら約3年で元がとれる計算をしました。あくまで計算上のものなので差異は出ると思いますがポータブル電源の充電回数がエコフローで約10年。(3千回)保証が5年なのでソーラーパネルさえもてば元は取れそうな感じです。

もう1つの方はメーカーのサイトだと充電回数が800回と少ないのですがリン酸鉄リチウム電池を使ってるモデルだから、長持ちはするかな~という見方です

ポータブル電源でこたつは使えるの?

コタツから顔出す猫

ポータブル電源でこたつは使えるの?という事について触れていきますね

使う時間にもよりますが問題なく使えます。

コタツは300W~500wを消費するので長時間ポータブル電源で使うことを考えているなら容量の大きなものが必要になります

充電式の湯たんぽと電気毛布の併用の方がホットカーペットよりも安上がりです

コタツ使用時の様子

液晶の数字に着目してほしいのですが私が所持しているポータブル電源では容量が1275Whあるモデルですが朝8時から4時間、コタツに電気毛布に使った時の残量です。

コタツは電源が入りっぱなしではなくオンとオフを自動で行うものですが電力は食いますね

4時間の利用で1000Whを使ってるので8時間以上使うなら2000Whクラスのポータブル電源を用意しないと充電分では賄えないですね

ポータブル電源で元を取るには使い方も大事!

指さす女性

ポータブル電源で元を取るには使い方も大事!という事で触れていきますね

私の場合は日中に充電した分を小型のポータブル電源から大型のポータブル電源に移し替えながらメインは大型のポータブル電源を使ってます。

現在は寒いので電気毛布が一番安価で使えますね

コタツは300wぐらいですがポータブル電源だとコタツを使うとガンガン減ります

あとは意外に炊飯器も電力食いますね~以外に電力食わないのは洗濯機や掃除機にノンフライヤー。あとは暖を取るものとして充電式の湯たんぽを使ってますが、これは効率よい感じです。

私の場合は基本的に充電、雨などの天候不良で充電量が少ない時だけ23時から翌朝8時までの夜間電力で充電して使う生活をしてます

その他では、幸か不幸か近くの業務スーパーまで片道1時間の距離なので買い出しに出る前には充電は行わず、買い出し兼ねての移動時に車からポータブル電源2台の充電を行ってます

ソーラーパネルの発電量やポータブル電源の受け入れ電力も視野に!

ソーラーパネルからの充電の様子

ソーラーパネルの発電量やポータブル電源の受け入れ電力も視野に!こちらについても触れていきますね!

ソーラーパネルも安いものは100w以下から大きなものだと400wぐらいまで幅がありますがポータブル電源が、どれぐらいのwの受け入れができるのかを把握しておく必要があります

私が所持しているエコフローのriver2を例にあげると、このモデルはソーラーパネルの入力が100wとなってます。

ソーラーパネル100wのタイプで100wの発電をするわけではないですがメーカー推奨に記載もあり、200wの物を用いて故障した場合は長期保証の対象外となるので大事なポイントですね!

もう1つ上のモデルであるriver2 maxからはソーラーパネルも200w対応となってますので短時間で充電を試みるなら、ここも大事ですね!

ポータブル電源を走行充電した場合は?

 

ポータブル電源を走行充電した場合は?実際に充電時に入る電力でみると70~120Wで2台までは充電できてます

車のシガーソケット経由での充電となりますが、複数繋ぐ場合は3連ソケットなどで拡張することはできますが複数の電源をとるとヒューズが飛ぶ場合があるので容量には注意してください

私の場合はバッテリーから直接引き込み、そこからユニットを使ってヒューズを追加したうえで4連ソケットで拡張しているのでポータブル電源2つに車載冷蔵庫を使っても大丈夫なようにしてます

天気が悪い時や長距離の移動時にはソーラーパネルより充電できることもあり車からの走行充電も活用してます

あくまで補助的な使い方になりガソリン代もかかるので用途に合わせた使用が良いです

 

 

コメント