ポータブル電源はどれくらい使えるの?容量別に解説

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

ポータブル電源はどれくらい使えるの?容量別に解説

クエスチョンマークの女性

ポータブル電源はどれくらい使えるの?容量別に解説ということで実際に使ってみて思う事について触れていきますね

実際に使ってみて思ったのは何に使うかで容量も変わるという事ですね

ポータブル電源の256whモデルは使える?

?マークの男女

ポータブル電源の256whモデルは使える?という事で私が最初に購入したのがエコフローのriver2というモデルが256Wh容量にあたりますが、家電を動かすには物足りないです

river2のメリット

merit(利点)良いところ

river2のメリットのメリットは下記の通り

  • 急速充電に対応
  • アダプター不要
  • 長期保証
  • 3000回を超える充電が可能
  • アプリ対応

 

river2のデメリット

demerit(課題)デメリット

river2のデメリットは下記の通り

river2の欠点は256Wh容量の小ささとソーラーパネルの受け入れ容量がソーラーパネルは100wまでという事があげられます。

容量が小さいので家電で動かすことができるのは洗濯機やスマホにタブレットの充電で炊飯器を使うには容量不足でした。

 

ポータブル電源を購入される方はキャンプ以外だと災害に備えて購入を検討されていたり節電の為に家電を動かす事を考えておられるとおもいますが容量300では実際に使ってみて役不足気味です

ポータブル電源の500Whはどのくらい使えるの?

 

【楽天市場】【停電・防災対策!クーポンで38,900円 特典あり】【楽天1位】FOSSiBOT ポータブル電源 800W 512Wh リン酸鉄リチウム 1000W 大容量 高出力 3500サイクル 純正弦波 10年寿命 50/60Hz ポータブルバッテリー 車中泊 アウトドア キャンプ PSE 初心者向け 電気毛布:FOSSiBOT 楽天市場店
3年保証【急速充電技術+安全リン酸鉄採用】ポータブル電源F800 512Wh 定額800W(最大1200W) 別売ソーラーパネル対応 バックアップ電源 節電 蓄電池 ポータブルバッテリー コンパクト。【停電・防災対策!クーポンで38,900...

ポータブル電源の500Whはどのくらい使えるの?という事で触れていきますね

2024年の年明けに楽天市場でのセールもあり実際に購入し使っている最中ですが1200w出力可能モデルより音が静かです

あとriver2と違いソーラーパネルも200w対応なので、今後の動向によっては買い増しを検討中です

 

ポータブル電源の1200wモデルはどうなの?

ポータブル電源 HPPS1200-R

ポータブル電源の1200wモデルはどうなの?これはエコフローのriver2の後に物足りなくて買い足したのですが・・・

こちらはアイリスオーヤマの ポータブル電源でオレンジのHPPS1200-Rになります

購入に少し迷いましたがセール時に安価で大容量だったのでセール期間中に購入しましたが現在は楽天市場の取り扱い無くヤフーショッピングでは倍の金額になってます

購入時には電子レンジにトースターも使えていたのですが、ミニホットプレートの稼働中に液晶表示がおかしくなり充電できなくなったのでメーカーに問い合わせたところ

購入から1か月以内で初期不良という事で交換になったのですが、交換後からトースターや電子レンジが使えなくなりました。

 

電気を熱エネルギーに変換すると電力を大分必要とし私の持っている炊飯器だと炊き上がり迄に約300wを消費します

HPPS1200のメリットは?

merit(利点)良いところ

HPPS1200のメリットは大容量で洗濯機やノンフライヤーに炊飯器と多くの家電を動かせた事です

ノンフライヤーは意外に減らなくて200wぐらいの消費となっており時間がかかる分、入浴を平行することができ使用後に移動して洗濯機に使う事が出来てます

ノンフライヤーは5分の余熱と15分の唐揚げモードを使ってますが意外に電力は低めで電気毛布や充電式の湯たんぽと問題なく使えています

HPPS1200のデメリットは?

demerit(課題)デメリット

HPPS1200のデメリットは?ソーラーパネルからの入力が弱く急速充電に対応していない事ですね。

DC変換で120wでの入力となるので充電に時間がかかるのとソーラーパネルも200wが使えないです

通常500Whクラスからソーラーパネルも200w対応になるのですが急速充電できないのが残念です

 

1200w出力可能なものでも家電を動かすとなると1200wを超えると安全装置が働きポータブル電源が落ちてしまうので、1300wぐらいの出力が必要になりそうです

その為、電子レンジやオーブン、ドライヤーが1200wを超える為 使えません!

出力容量が1200w以下の物なら可能ですが残念

ポータブル電源は充電回数の多いものを選ぶと得!

指さす女性

ポータブル電源は充電回数の多いものを選ぶと得!について触れていくと・・・

ポータブル電源を選ぶ際に参考にしてほしいのが充電回数があります

少し前のモデルはバッテリーが三元系で充電できる回数が500ぐらいのものが多かったようですが近年ではリン酸鉄リチウムを採用するモデルが増え充電回数も1000~3000と大きく改善されています

エコフローが採用しているリン酸鉄リチウムのモデルだと3500回をカタログや公式サイトでもあげてますので毎日充電しても約10年は使える計算になります

ポータブル電源の充電回数、または「充電サイクル」とは、バッテリーがフル充電状態から完全に放電されるまでの一連のプロセスを指します。具体的には、購入時に100%だった充電量が、充放電を繰り返すことで劣化し、充電できる量が90%、80%と減少していきます。

例えば、「充電サイクル1000回(残存率80%)」と記載されている場合、これはポータブル電源の寿命を表す目安となります。つまり、充電サイクルが1000回に到達した時点で、バッテリー容量が当初の80%にまで減少するという意味です。

また、充電サイクルの計算方法については、ポータブル電源の電池容量を対象デバイスの電池容量で割ることで求めることができます。

例えば、ポータブル電源の電池容量が67200mAh、充電するデバイス(例えばiPhone13)の電池容量が3227mAhの場合、充電回数は 67200mAh ÷ 3227mAh = 20.8回 となります。

ただし、これらの数値はあくまで目安であり、使用環境や保管状況、リチウムイオン電池の種類によっても寿命が異なるため、具体的な対策は製品の取扱説明書やメーカーの指示に従ってください。

ソーラーパネルは夏場の発電量は落ちる!
ソーラーパネルは夏場の発電量は落ちる! ソーラーパネルは夏場の発電量は落ちる!事についても触れていきますね 6月中半ぐらいから熱くなりクーラーを使う時期に入りますがソーラーパネルは太陽光で発電する仕組みでソーラーパネル自体も熱くなります 熱...

コメント