ポータブル電源の走行充電はインバーターは必要?

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

ポータブル電源の走行充電はインバーターは必要?

考える男性

ポータブル電源の走行充電はインバーター必要?こちらについても触れていきますね

基本的にポータブル電源はインバーターを内蔵しているので不要です!

車のシガーソケットからコンセントに変換するものとしてインバーターがあげられますがポータブル電源はメーカーごとに違いはあるものの車のシガーソケットから電源をとり充電できるように変換ケーブルが付属していることが大半です

私の所持しているポータブル電源は3つありますがXT60への変換が2つ、残り2つはDCケーブルへの変換となってました

ポータブル電源は3つとも車からの走行充電用のケーブルは付属していました

ポータブル電源の積みっぱなしって大丈夫?

クエスチョンマークの女性

ポータブル電源の積みっぱなしって大丈夫?こちらについても触れていきますね

結論としてはポータブル電源の積みっぱなしはオススメしません!

走行充電するなら出発前に積んで接続し帰宅後は降ろすのが一番です

 

理由としては1つ目に重量があげられます。

ポータブル電源は軽いものではないので重量が増えることで車の燃費が落ちます

 

次にあげられるのが車内温度です

春や秋なら高温にはなりにくいですが6月中旬~9月にかけては夏場で車内の温度は上昇しやすくなります

ただでさえ暑いのに締め切った車内にバッテリーを搭載しているポータブル電源を置くことは適切温度を上回るのと危険なのでオススメはしません

 

ポータブル電源の長期間の放置については、一部の注意点があります。

 高温環境を避ける

ポータブル電源は、特に夏季などの高温環境下での放置は避けるべきです。

車内などの閉じた空間での放置は特に危険で、バッテリーの劣化を早める可能性があります

ポータブル電源の車内放置は大丈夫?

〇か×

ポータブル電源の車内放置は大丈夫?こちらについても触れていきますね

季節によりけりですが気温上昇する夏場をさければ問題ないですが走行充電しないのであれば降ろした方が良いですね!

 

ポータブル電源の夏場の車内放置は大丈夫?

?マークの男女

ポータブル電源の夏場の車内放置は大丈夫?これについては大変危険といえます

夏場の車内は締め切った空間だと温度上昇も激しくなりバッテリーには良い環境とは言えません

ポータブル電源を積むのであれば走行充電する前、車を停める場所としては屋根付きの駐車場でなるべく温度上昇しにくい環境を作ることも大切です!

基本的にポータブル電源の夏場の車内放置はNGです。以下にその理由と対策を詳しく説明します。

理由

ポータブル電源に使われている「リチウムイオンバッテリー」は、高温の環境下で急激に劣化が進みます。特に夏はもちろん、春や秋でも直射日光が当たれば車内温度は40℃を越えてしまいます。

またリチウムイオンバッテリーの最高許容温度は45℃までとされています。高温下で放置するのは推奨された行為ではありません。

対策

– ポータブル電源を車内に放置せざるを得ない場合は後部座席の足元にスノコを敷き、その上に置くことが推奨されています。

– サンシェードや断熱フィルムを窓に取り付けることで直射日光が当たらないようにする。

– 窓を3cmほど開けて換気する。

これらの対策を実施することで、ポータブル電源の劣化を防ぐことが可能です。

ただし、これらの対策は一時的なものであり、基本的にはポータブル電源は車内に放置せず、適切な温度と湿度の環境で保管することが最善です。。。

ポータブル電源は毎日使うと節約になるの?
ポータブル電源は毎日使うと節約になるの? ポータブル電源は毎日使うと節約になるの?こちらについても触れていきますね ポータブル電源を毎日使うことで電気代を節約するかどうかは、その使用方法と充電方法によりますが基本的に太陽光発電によるソーラー...

コメント