2023年以降だと太陽光発電は売電より蓄電の時代へ・・・

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

2023年以からは太陽光発電は売電より蓄電の時代へ・・・

太陽光発電の様子

2023年からは太陽光発電は売電より蓄電の時代へ・・・

前のページで売電価格について触れたわけですが2023年の売電価格が17円だとした場合、使う場合の請求額が約40円!

となると売電よりは太陽光発電システムや夜間電力など安い時間帯に蓄電しておいて必要な時に使えるのが理想ですが簡単にはいかないのが世の中です・・・

 

電気代が高騰する前で電気自動車が普及する前のCMだと電気自動車を蓄電池代わりにするものが流れてましたが最近は、あまりみかけなくなりました。

 

管理人が考える方法は太陽光発電をうまく用いて電気代を抑えつつ自然災害に備えることです!

 

私たちの多くは電気により生活を賄っており、ひとたび停電となれば生活にかなりの支障がでます

日本における停電からの復帰時間の目安は、停電の原因や規模、復旧作業の進捗状況などによって異なりますが、以下は一般的な目安です。

  • 大規模停電:数時間から1日程度かかる場合が多い。大規模な災害などによる停電では、復旧に数日から1週間以上かかる場合もある。
  • 一部地域の停電:復旧作業が進みやすい場合は、1時間から3時間程度で復旧することが多い。
  • 個別の停電:電気料金の未払いなどによる個別の停電の場合、支払いが確認でき次第、1時間程度で復旧することが多い。

停電が発生した場合は、電力会社の公式サイトやSNS、災害用伝言板などで最新情報を確認することが重要です。

また、停電対策として非常用電源や蓄電池、発電機などの備蓄も検討しておくことが望ましいです。

ALLPOWERSポータブル電源

目安としては1週間は難しいけれど概ね4時間も蓄電から賄えれば停電復旧で何とかなりそうですね!

太陽光発電に必要なソーラーパネルって違いはあるの?
太陽光発電に必要なソーラーパネルって違いはあるの? ソーラーパネルの種類や特徴は?その1

非常用電源や蓄電池、発電機、実際に導入するなら?

PCの前で考える夫婦

非常用電源や蓄電池、発電機、実際に導入するなら?という事で触れていくと・・・

  1. 非常用電源
  2. 蓄電池
  3. 発電機

大きく分けて3つの項目に別れます

非常用電源

ポータブル電源

非常用電源とは、非常時における電源のことを指します。一般的にはポータブル電源と言われており、外部電源をもちいて稼働する機械です。

非常用電源は、災害時やアウトドアで活躍するため、近い将来に一家に一台という時代がやってくる可能性があります

非常用にポータブル電源を導入したい場合は、1000Wh以上のモデルがおすすめです。

万が一災害で電気が止まってしまった場合でも、1000Whのポータブル電源があれば軽度な停電であれば緊急電源として電気を付けたりスマホを充電したりできます。

近年ではアウトドア用品としてもメジャーになりつつあるので知ってる方も多いのでは無いでしょうか?

蓄電池

蓄電池

蓄電池とは、充電することで何度でも使用できる電池のことを指し、その中でも特に小型化されたものが「家庭用蓄電池」と呼ばれています。

持ち運びができるポータブル型、設置(据え置き)型、太陽光発電システムと連携可能なタイプなどがあります。

蓄電池には以下の5種類がありますが、一般的に家庭用蓄電池として採用されているのはリチウムイオン電池です

充電できる乾電池としてエネループは有名ですよね!

発電機

発電機

発電機とは、燃料を燃焼させることで発生する動力を利用して電気を生成する装置のことです。

建設現場やテレビ中継、各種イベント、レジャーなど様々な場面で使用されています。

発電機には、高い発電性能や耐久性だけでなく、省エネや低騒音も実現されていますが結構音が大きいのが特徴です

非常用電源や蓄電池、発電機、実際に導入するなら?管理人の考察

考える男性

非常用電源や蓄電池、発電機、実際に導入するなら?管理人の考察としては私はポータブル電源と持ち運べるソーラーパネルを選択しました!

 

生活の移動手段意外に蓄電池としても活用できる電気自動車についても触れていきますね!

電気自動車って実際どうなの?
電気自動車って実際どうなの? 電気自動車に対する管理人の考察 日本における電気自動車に関する詳細

コメント